column

無条件の愛を注ぐには。

column

2021年4月に子供が産まれ、
仕事と家事、子育てのトリプルで
日々あっという間! 

毎日できる限りの愛を注いでいるのですが、私も人間。
 

時に、クタクタで心の余裕がなくなってしまう日もあります。


そんな時、自分にストップをかける事もあって

その目安は

あぁ、しんどい。

ちょっと休みたい。


もっと寝たい。 


自分の時間が欲しい。


自分の思い通りのタイミングで物事を進めたい。

というように
 
本当はもっとこうしたい!あぁしたい!と、
 
自分のエゴが出てきたとき


こんなことを考える親はダメだ。

みんな我慢しているんだし
なんて私は自分勝手なんだ。

子供がいるのに
休むなんてとんでもない。


そんな風に自己否定を始めたり 
自己嫌悪に陥るタイミングで


あ。私は今、余裕がなくなっているんだ。
よし。休もう。
 


と切り替え

どんなに忙しくても、必ず一休みします。


これは絶対。

無理をすれば、子供に良い影響を与えないし
自分の心も体も苦しくなるからです。 


例えば、私の場合は
 
息子が大丈夫かな?と気になっていても
 
旦那さんに息子を任せて
一人の時間を強制的に作ることで

自分の心と向き合います。

  
こんな気持ちになるまで 
我慢していたことは何?

どうしてそう思ったの?


本当はどうしたかった?


無理していたことは何?


どうすればうまく過ごせる?

 

お疲れ様。
どんなご褒美が嬉しい?

 
と、
 
自分の気持ちを確認して
労いの言葉をかけたり
ご褒美を考えたりすることで

心に栄養が行き渡り
気持ちを新たに
 
子供へ愛情を注ぐ準備完了!!

羅針盤的な自分の心チェックは
とっても大切です。

無条件の愛を注ぐ前に
まずは自分を整えることから。

全てはバランス。

無理せず、誰かに頼ることも
時には必要なのだと思います。

時間的に考えると
30分の時もあれば半日もらう時もあるし
長さではないかもしれません。
 
皆様もぜひ、自分の時間をとってくださいね!

ママのためのオンラインコミュニティ立ち上げました

自分の気持ちを素直に吐き出せていますか?
 
一緒にお話ししましょう♪
 
11月5日(金)10:00-11:00
k66 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し 音1
新月の日

参加する

昨日から、黄色い太陽の期間です。

2021年10月10日から2021年10月22日までは
平等、感謝、主人公、周りを照らすというキーワードがあります。
 
自分が無理をせずに、周りのお役に立てることを考えてみましょう。

無理をしない程度にする理由は、

無理をすると、見返りを求めたり損得で物事を考えてしまい
平等ではなくなるからです。

もしも自分に元気がないなぁと感じたら
 
日光浴をして、朝日を拝んだり
夕日を見て心を沈めたり

自然のエネルギーを存分に浴びるのも
体内のリズムが整うのでおすすめです♪

自分が主役になって
この期間を楽しみましょう!


自分の心を知る〜toi toi toi〜

あなたが周りに無理なく与えられることはなんですか?
ぜひ、ご自身の経験や体験、スキルを活かして見てくださいね!

質問があれば
▼こちらにどうぞ▼
 
質問する




コメント